2007年09月14日

転職情報誌の有効活用を!

●転職情報誌をうまく使いこなそう!

転職の際に、求人広告で手軽に情報を得られるものに転職情報雑誌が挙げられます。毎週新しい情報が出るのが一般的であり、タイムリーな情報を得ることができます。

幅広く求人情報が掲載されているのが、リクルートの「B-ing」や「とらばーゆ」、学生援護会の「DODA」、キャリアデザインセンターの「type」などです。
テーマを絞っての求人情報の掲載をしている転職情報誌は、リクルートの「Uターン Iターン B-ing」(地方転職者向け)や、「Tech B-ing」(技術系)、「ガテン」(肉体労働、職人系)といったものがあります。

転職情報誌には、求人情報だけでなく、最新の転職事情や転職経験者の体験談、転職面談の頻出質問などが掲載されています。これらの情報は、転職活動を始めて意識的に集めないとなかなか入ってこない情報ですし、実践的な情報ですので、転職活動の際に非常に役に立つので一度目を通しておくことをおすすめします。

最近では、転職のタイプが多様化していることから、転職情報誌の細分化が進んでおり、たくさんの種類の転職情報誌が出版されています。



Posted by テンテン at 13:27│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
転職情報誌の有効活用を!
    コメント(0)